2011年02月03日

PPシート型で作る高透明樹脂多面体、正六角反柱を2つ重ねた形

 
正六角反柱を2つ積み重ねた形を作ってみたのですが、呼び名がわかりません(正六角反柱反柱?双正六角反柱?)

この多面体を底面に平行に半分に切り分けると、合同な2つの正六角反柱になります

p05111020221.jpg(デブコン六角反柱反柱)
 
 
  
展開図は前回の六角柱と同じくデルタ方眼紙(非凸多面体も含め、興味深い多面体の展開図が手軽に作れます。「デルタ多面体展開図に便利な方眼紙とそれを利用して作れるPPシート型」参照)で作成しました



2枚の正六角形に挟まれた側面には、24枚の正三角形があります

p05111020104.jpg

平坦な六角柱側面に対して起伏がある側面です

p05111020111.jpg(正六角反柱反柱(手前)と六角柱)



等しいピッチの方眼紙を利用して作ったので、前回掲載の六角柱と底面同士が合同です

p05111020112.jpg



非凸なこの多面体の側面には、正三角形の頂点が6つ集まるところがあります(正三角形の1つの内角は60°なので6つ集まれば360°となり、普通に考えればそれは平面です)

上下底面の頂点を端点とする長軸をもつ菱形のように見える部分は、短軸に相当するところで多面体内側の方に凹むように僅かに折れていて、その角度は197.8°と計算されます(二面角が180°を超えているので、凸多面体ではなくなっています)

p05111020222.jpg(側面の菱形は短軸で折れて凹んでいる)



非凸多面体はもっと先の予定でしたが、面数のわりに手軽なので、作ってみました

余談ですが、この多面体型とまったく同じ展開図で折り方を変えると、驚いたことに、六芒星(ダビデの星、ヘキサグラム)の形の多面体の型が作れることに、最近気づきました
 
posted by 流線 at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 高透明樹脂多面体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔しますm(_ _)m

今までにない不思議な形ですね(笑)↑
どの角度から見ても美しい作品だなァ-と思いました↑
感動モノです(笑)↑

難しい事は何も‥
分かりませんが(汗)
日々進化していく作品を‥
拝見するのを毎回楽しみにしています♪

Posted by スマイルスマイルフェイス at 2011年02月03日 01:30
 
こんばんは

コメントありがとうございます

凹んでる形は初めてでした

他にも面白い形ができるかもしれませんよ

また、見にきてくださいね!
 
Posted by スマイル様(←流閃 at 2011年02月04日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。