2011年02月14日

PPシート型で作る高透明樹脂多面体、正五角錐

 
正五角形の底面と正三角形5枚の側面をもつ多面体、正五角錐

一般的角錐のイメージからすると背が低いです

p06611020612.jpg(デブコン正五角錐)
 
 
  
角錐の高さは1辺(2cm)の約半分(1.05cm)

透明度が高い上に薄いので、写真が撮りにくかったです

p06611020702.jpg

側面の角度が小さいため(約37°)、屈折も目立たず、どこにあるのか見失いそうになります

p06611020602.jpg

しかし底面を背景から少し浮かすと、屈折で各側面に少しずつずれた模様が浮かび、面の境界がわかるようになります

p06611021007.jpg

ちなみに、底面の裏側から内部を見ると、角度によって一部の面が鏡のようになります

p06611021004.jpg

下のキノコのような形は、五角柱の上に正五角錐を乗せた状態(底面の相似比は1:2)

p06611020601.jpg

その状態を真上から見ると、次回掲載予定の正二十面体に似た眺めとなります

p06611021001.jpg
 
posted by 流線 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 高透明樹脂多面体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185168871
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。