2011年05月03日

PPシート型で作る高透明樹脂多面体、J63

 
すべての面が正多角形になっている多面体の中にジョンソンの立体(またはザルガラー多面体)と呼ばれるものがあります

J63はジョンソンの立体のリスト中63番目の多面体です(ウィキペディアのジョンソンの立体のページ参照)

p10111041701.jpg(63番目のジョンソンの立体)
 
 
  
ジョンソンの立体の中では比較的単純な形です

正三角形5枚と正五角形3枚という、面白い構成です

p10111031102.jpg

p10111031105.jpg



J63の3枚の正五角形面それぞれに、J2である正五角錐p06611020702.jpgを貼り合わせると、正二十面体p07111020702.jpgになります

逆に、正二十面体から3つの正五角錐を切り取るとJ63になるので、三側錐欠損二十面体という名称をもっています

稜長が等しい(1.2cm)の正二十面体とJ63を並べてみました

p10111041612.jpg

p10111041716.jpg

正二十面体を元に作られる多面体というわけですが、そのようなジョンソンの立体は他にもあります

J63は正二十面体から正五角錐を切り取れるだけ切り取ったものです



次にジョンソンの立体を作るなら、正多面体等のなじみのある立体の変形ではなく、J85、88、90〜92の中のどれかにしようと思っています



なお、J63は平行な三角形の面の組が1組あるので、型に樹脂を注いで満たすのには好都合でした
 
posted by 流線 at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 高透明樹脂多面体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
この立体は欠損という言葉がぴったりですね〜
正五角錐を3つ取って正三角形が上下4枚と1枚助かったという感じですね。
三色の紙の真ん中に置くと複雑に見えますね。中にお花が浮かんでいるようできれいですね。
Posted by のりさん at 2011年05月03日 13:22
 

こんにちは

コメントありがとうございます

多面体の面の内側が鏡の働きをして、綺麗なパターンが浮かび上がることがあります

写真を撮るのは楽しいですね
 
Posted by のりさん様(←流閃 at 2011年05月04日 16:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196518095
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。