2011年06月15日

PPシート型で作る高透明樹脂多面体、七角錐

 
初めて作った正七角形面をもつ多面体、七角錐です

下の画像は底面の側から撮ったものです

p15611061011.jpg(七角錐)
 
 
  
周りに色があると、放射状に広がる反射による模様が綺麗です

p15611061010.jpg

p15611061111.jpg



大きさは、まず底面の1辺が1cm

p15611061203.jpg

角錐の高さが約2.3cmです(底面の外接円直径とほぼ等しくしてあります)

p15611061204.jpg



てっぺんの頂点は正四面体より少し尖っています

p15611061202.jpg

PPシートの型で、どのくらいの尖り具合が工作の限界かは定かではありませんが、きちんと硬化しました



てっぺんから見た屈折の模様も、なかなか綺麗です

p15611061001.jpg




底面を上にした姿勢のまま硬化させる方法で正四面体(正三角錐)が綺麗にできたので、同じ方法で作りました
 
posted by 流線 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 高透明樹脂多面体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
七角錐とは縁起が良さそうですね。
あまり高さを出すとPPシートが反ってしまいそうですね。
上から見たところがきれいですね。
Posted by のりさん at 2011年06月19日 21:51
 
てっぺんは不足角202.5°で今まで作ったもののなかでは最も尖ってます

屈折の関係で高さがある方が上から見たとき綺麗なのかもしれません
 
Posted by のりさん(←流閃 at 2011年06月21日 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209665273
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。