2012年03月18日

ねじれ双五角錐の接合体色々(3)


前回のボール状接合体を1回り大きくした形です

301_5trapezo_120x204_globe_0204.png




やはり、ねじれ双五角錐161trapezo5_120x54_01.pngを12個接合してできる星形のような形161trapezo5_120x54_02.pngを元にします



星形のような形のツノ側面で接合していくと前回のボール状の形になりますが、ツノ側面にスペーサーのようにしてねじれ双五角錐をくっつけてから接合させます

301_5trapezo_120x204_globe_0203.png



正二十面体の頂点位置に配置して中心に向かって移動させると、ピッタリくっついてボール状の接合体になります

301_5trapezo_120x204_globe_0201.png


接合体のサイズは前回の形のちょうどφ 倍です(φ は黄金数 (√5+1)/2 でおよそ1.6)



動画



動画の通り中身は空洞ですが(したがって、ねじれ双五角錐の数は (12+5)✕12 個)、内側まで綺麗に接合して詰める方法があるのかもしれません

この記事へのコメント
こんばんわ。
きれいで面白いですねー 私も流閃さんに教えていただいて作ったのでちょっとわかります。
12接合体に青のプラス5の説明もわかりましたよ。
その部分の青が三個くっついていくんですね。
真ん中に一個入れたいですね。12がまんなかの1にくっつくとおもしろうですね。
Posted by のりさん at 2012年03月22日 22:09
 
こんばんは、コメントありがとうございます

真ん中には入れたいのですが、前回のよりも内側の空間の差し渡しが約1.6倍大きいし(同じようにやると宙に浮いた感じになってしまいます)、今回の動画のように空間を取り囲む星形を前回のように半分にせず完全にすると0.6倍の狭さになってしまいます

でも、ちょっとやり方を考えようと思っています
 
Posted by 流閃 at 2012年03月23日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258112052
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。