2012年04月02日

多角形のフレームで作る立体(1)


正多角形のフレームで立体を組み立てる動画です

1030_octagons_rhombicubocta_trunhexa_00_01.png




正八角形や正方形のフレームを使います

例えば、立方八面体は稜線が24本、正方形は辺が4本なので、1つの立方八面体の稜線を賄うには正方形が最低でも6つ必要です



動画は6つの正八角形から始まります

正八角形から正方形へ(あるいはその逆)の多角形の形状変化や、多角形同士の緩めの束縛条件も相まって、変化が目まぐるしいです

動画



多面体は初出順に

(1)斜方立方八面体(正八角形X6)

1030_octagons_rhombicubocta_trunhexa_00_02.png

(2)切頂六面体(正八角形X6)

1030_octagons_rhombicubocta_trunhexa_00_03.png

(3)正八面体X2(1つ当たり正方形X3)

1030_octagons_rhombicubocta_trunhexa_00_07.png

(4)正三角柱X2(1つあたり正方形X3)

1030_octagons_rhombicubocta_trunhexa_00_04.png

(5)立方八面体(正方形X6)

1030_octagons_rhombicubocta_trunhexa_00_05.png

(6)正六面体(正方形X6)

1030_octagons_rhombicubocta_trunhexa_00_06.png

となっています



なお、「ダイアモンド空間充填体(Diamond Space Filler)(2)」から使い始めた球はVCSSLの標準モデルの1つである Sphere Model です

1030_octagons_rhombicubocta_trunhexa_00_00.png

もっと早く使っていれば!と悔やまれるほどの綺麗な球を描くことができます(ただし、当然形状の滑らかさは表面の分割数に強く依存します)



ところで、今回の動画の原点とも言える動画「正六角形と立方八面体」と「正六角形と切頂八面体」から早5ヶ月、CGをやり始めてから流れた月日は半年を越えたところです

RINEARN.com の誰でも自由に利用できる多数の解りやすいサンプルプログラムや充実したマニュアルなどを使い、比較的スムーズにここまでこれたわけですが、そんな折り、同サイトでこのブログやCG動画等を紹介して頂きました(紹介記事はこちらです)

あまりが出るほど褒められていて焦りますが(それは置くとして、内容は色々な意味で参考になります)、すごくやる気を励まされました(ありがとうございます)

この記事へのコメント
こんばんわ。
もう本当にビックリしました。
RINEARNさんの紹介記事でかなりのスペースで詳しく紹介されているので、本当に良かったですね。私も多面体が好きなので嬉しいです。
私には流閃さんの細かい計算や頂点座標などご苦労がよくわかりませんが、専門家からみればその凄さが歴然なんですね。
僅か半年というのも驚異的なんですね。
多面体の説明に留まらず作品として認められたのだと思います。
またお得意の曲線の作品も美しさと動きが感じ取れます。
きっともっとどこかで映像として見ることが出来ることを期待します。
やっぱり私の目に狂いは無かったな。
今日の記事の切頂六面体と斜方立方八面体は私も考えていたところです。
本当に\_(^◇^)_/\(*^^*)/ おめでとっ!

Posted by のりさん at 2012年04月03日 23:30
 
こんばんは、ありがとうございます

数学やCGを専門にされている人等はもっとすごいやり方をすると思いますが、本当に励みになります


のりさんもお気づきだった今回の八角形もそうですが、合同な多角形枠の組み合わせの方は面白い題材ですね

また作ろうと思います
 
Posted by 流閃 at 2012年04月04日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。