2012年04月09日

正八面体と星型八面体


正八面体の面を広げて星型八面体へ変形するプログラムです

1040_stellaoctangula_01_00.png




プログラムはこちらです→星型八面体のプログラム(もしプログラムプレイヤーが起動しない場合はこちらを試して下さい)

プログラム実行すると、正八面体の描画と可能な変形を示すデモンストレーションが始まり、それが終わるとセッティングウィンドウが現れて操作できるようになります



正八面体は稜線を共有しない面を同色にして、面ごとに塗り分けられています

1040_stellaoctangula_01_01.png

セッティングウィンドウの2本のスライダーバーで、それぞれの色の三角形を変形させることができます



ある色の面だけを広げていくと

1040_stellaoctangula_01_02.png

切頂四面体の切頂面がどんどん狭まるように変形していき(正四面体を切頂して正八面体を得るプロセスの逆)

1040_stellaoctangula_01_03.png

最後には正四面体となります

1040_stellaoctangula_01_05.png

ちょうど正八面体が正四面体に面を接して収まった形です



この状態からさらにもう1つの色の面も広げると、ついに星型八面体になります

1040_stellaoctangula_01_06.png

1040_stellaoctangula_01_07.png



星型立体としては明快な形ですが、疑似立体視の画像も掲載しておきます

1040_stellaoctangula_01_D3C.png
(平行法)

1040_stellaoctangula_01_D3P.png.png
(交差法)



星型八面体は正四面体の相貫立体や正八面体の各面に正四面体を貼り付けた形等として考えることもできます(関連記事「正四面体と星型八面体」)

posted by 流線 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | VCSSLによるCGプログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263271109
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。